2017年ホワイトデー 女性の意識・購買調査

もらいたいギフトはダントツでスイーツが人気

株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:イヴ・ブゴン)が、カタログギフト大手のリンベル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林秀典)と共同運営する通信販売事業「婦人画報のおかいもの」は、今年のホワイトデーギフトについて、全国の「婦人画報のおかいもの」女性ユーザーを対象にインターネット調査を行いました。調査結果は以下の通りです。


<おもな調査結果>

★ホワイトデーギフトを購入したことがある女性が60%

★女性の購入理由は「夫・上司の代理」(43%)、「自分がもらった分のお返し」(19%)、「子供の代理」(13%)がベスト3 (※複数回答) 代理で買うだけではなく、2割近くが自分がもらったバレンタインギフトのお返し用に購入。

★1個当たりの金額平均で最も高いのが、女性自身が「自分がもらった分のお返し(1,896円)」。
「夫・上司の代理」(1,796円)、「子供の代理」(1,592円)よりも友チョコのお返しに金額をかけています。

★女性が欲しいホワイトデーギフトは「洋スイーツ」(68%)、「和スイーツ」(38%)、「外食」(31%)がベスト3(※複数回答) 圧倒的にスイーツが人気。

「婦人画報のおかいもの」は、2017年2月10日よりホワイトデー特集をスタート。この調査結果を裏付けるような、和洋スイーツ商品が人気です。

「婦人画報のおかいもの」は、月間PV数350万、雑誌社ならではの発掘力を活かし、日本や世界の各地から、食品や雑貨を中心に商品点数約2000点を扱う通販サイトです。

【調査概要】


対象:「婦人画報のおかいもの」顧客
有効回答数: 女性1767名(29歳以下24名、30代315名、40代718名、50代 563名、60代以上147名)
調査方法:インターネット調査、期間:2017年1月16日(月)~1月19日(木)

  • 最終更新:2017-03-02 14:28:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード